カギとなる書類作成

障害年金は、認定される障害の程度により、受給額が異なります。障害の程度が重いと基礎年金額は上がり、軽ければ年金額は下がります。年金額を決定する障害の等級は、作成する書類によって審査されるので、書類は重要な意味を帯びてきます。障害年金の申請においてカギとなるのは、診断書と申立書です。

診断書診断書を作成するのは病院の医師です。医師は病気の診断や治療に関してはエキスパートですが、障害年金などの社会保険制度に関しては専門的な知識を持ち合わせていないのが普通です。そのため、重要な項目が抜けてしまっていたり、肝心な初診日を書き違えていたり、書き方が認定基準にマッチしていなかったり、ということが起こりやすいです。そのために障害年金がもらえなくなってしまうこともあります。

申立書に関しては、申立をする本人が作成します。申立書には、怪我や病気など、障害を持つようになったいきさつや治療の過程、日常生活の状態、就労状態を具体的に、また正確に書く必要があります。これは、障害の程度を判断する材料となる書類ですから重要です。

さらに、これらの2つの書類には、内容に矛盾があってはいけません。こうした重要な書類の作成については、社会保険労務士事務所に相談すれば、プロによるアドバイスがもらえるでしょう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket