障害年金とは

障害年金制度とは、病気や障害、怪我が原因で仕事ができなくなってしまったときに、一時金や年金が受けられる制度です。受給資格として収入や財産、家族構成などは考慮されないという特徴があります。また、老齢年金の受給者は障害年金の受給に制限があり、主な受給者は若年世代となっています。

障害年金を受給するためには、いくつもの条件をクリアする必要があります。まず、過去の保険料の納付率が一定以上でなければなりません。ただし、過去に保険料を納めていなかった方でも、20歳前障害年金なら受給が可能となっています。

ハンコ障害年金の審査は書類だけで行わるため、書類作成は重要な意味を帯びてきます。審査に通るためには、障害の状態や重さ、治療の経過や生活状況などが基準に該当している必要があります。こうした書類の作成に医師も関わりますが、残念ながら医師は障害年金制度のプロフェッショナルではないため、書き方によっては基準に該当していないと判断されてしまうことがあります。あるいは、本当は障害1級の年金を受給できたはずなのに、2級と判断されてしまう、ということも起こり得ます。

書類を提出し、一度受理されてしまうと、そこから障害の重さを変更することは困難なため、提出前に気づく必要があるでしょう。そのため、障害年金の申請を検討しているのであれば、自分で処理するのではなく、社会保険労務士事務所に相談し、プロの手を借りるのがおすすめです。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket